失敗から学ぶキッチンリフォームのよくある失敗事例

一戸建て編・キッチンリフォーム失敗事例

あなたが将来、マイホームを購入する時、もしリフォームをしたいというのならば一番多い案件はキッチンの周りでしょう。
キッチンをリフォームすることでより料理が快適になったり、家族たちとの会話ができるような構造キッチン、食洗機などを設置できて家事が楽になるなど夢のようなキッチンスペースができるでしょう。
しかしこのリフォームの失敗はよく聞きます。
そんな失敗例をここで挙げてみます。
キッチンをリフォームしたのに日当たりが悪くなった、収納スペースを増やしたのに全く使っていない、キッチンの高さが自分と合っていない、冷蔵庫の大きさとキッチンのスペースが合わない、シンクを大きくしたら逆に使いにくくなってしまった。
このように自分の生活基準を考えずにキッチンリフォームを行ってしまったら様々なトラブルが起きますので、まずは自分の生活を見直すために紙に書いて、要点を見直してからリフォームを行ったほうがいいでしょう。

マンション編・キッチンリフォーム失敗事例

マンションでのリフォームで一番多いのは、管理組合への届けを忘れることでのトラブルだと思われます。
マンションを購入していない限り、フローリングなどのリフォームを行うのは色々制限がかかることもあります。
例えば、フローリングだと周りの音に響かないように、遮音等級が決められており、床材の変更が禁止されていることもあります。
古いマンションの場合、壁下地が古く精度が良くないため、部屋の立て付けがより悪くなったり、壁を抜いて大部屋にしようと思ったら構造上の問題で断られるようなケースが多く見られます。
これらはマンションで生活をし始める前に、我々顧客と業者たちでの意思疎通を図らず、確認をすることを疎かにしてしまったため出来ることと出来ないことが把握していなかったため、このような失敗が起こるのです。


この記事をシェアする